心の病気に大きく関わるセロトニン~メンタルヘルスサプリ~

医者と看護師

有効的な成分

サプリ

脳の働きに対して効果を発揮する成分の1つにセロトニンがあります。サプリなどを利用することで分泌を活発にすることができます。セロトニンには依存症や衝動行動の抑制、呼吸器の正常化といった効果があります。

日本人に多い心の病

頭を押さえる女性

ストレスによって心の病気になる

自分の周囲で何かしらの変化が起きると、人はストレスを感じやすいと言われています。特に災害や事故など、大きなショック体験をすると心に傷ができてしまうケースが多々あります。それだけでなく、ストレス社会と呼ばれている現代では、職場の人間関係や受験勉強などで日々ストレスを抱えながら生活している人が多くいるのです。ストレスを抱えた状態だと、人はどうしても憂鬱な気分になってしまいます。ストレスを抱えたまま、対策を取らずに日々過ごしていると、場合によってはうつ病などの精神的な病に侵されてしまう可能性があるので注意が必要です。精神的な病気も今では数えきれない程増えてきているので、長い間無気力や不安感を感じているという人は一度心療内科や精神科の診察を受けた方が良いでしょう。日本国内では精神病を抱えている人が多いことから、心の病気に効く成が多く含まれたサプリも誕生しています。セロトニンなどは特に効果が高いとして、多くの精神科や心療内科でサプリや薬として処方されているのでまずは心の諸症状における原因を突き止めてから治療を始めることが大切です。精神的な病気として代表的なのがうつ病であることから、多くの場合精神不安定な状態をうつ病と判断してしまいます。しかし、うつ病でも無いのに自分自身でうつ病と診断してしまうと、余計に不安感が募って深い精神病に陥ってしまうのです。焦燥感や不安感、倦怠感などの気分の落ち込みが長期で続いているという人は、できるだけ早めに医師の診断を受けておくのが良いでしょう。

症状を知ろう

心の病気にかかると、様々な症状が出てきます。人によってその諸症状も違ってきますが、主に精神症状と身体症状の2種類があります。精神症状としては、不安感や思考停止、無気力や絶望感といった症状があります。この症状が出てくることによって、会社の無断欠勤や引きこもり、被害妄想などを引き起こしてしまいます。他にも精神症状には虚無感や無価値観、全てにおいてマイナス志向といった症状が出ます。自殺したいと考えるケースもあり、ここまで症状が進むとかなり危険性が高くなるので早めに病院治療をスタートさせることが大切です。こうした精神症状によって身体症状が引き起こされる可能性もあります。この場合、睡眠障害や食欲不振、過食や拒食といった摂食障害を引き起こしてしまいます。こうなると、体の免疫力が低下してしまい他の病気も発症させやすいので注意が必要です。他にも身体症状には、頭痛が何日も続く、動機や嘔吐感、性欲減退など様々な症状があります。人によってこうした症状が違ってくるので、精神的な病に侵されているということに気付かない人が多いのです。こうした精神病を抱える人は世界中に沢山いますが、特に日本はこうした病気にかかる人が多いので日頃から自分自身でストレス対策をしておくのが良いでしょう。今ではセロトニンなどの精神安定物質が含まれているサプリなども購入することができるので、活用しておくのも1つの方法です。しかし、セロトニンサプリと言ってもかなり多くの種類があるので、自分自身に合ったサプリを利用する為にもまずは医師の診察から受けておくのが良いでしょう。中には自分自身がうつ病なのではないかという思い込みによって、本当にうつ病を発症させてしまう人もいます。そうならない為にも少しでも不安があれば正しい診断を受けるのが良いでしょう。しっかりとした診断を受けるだけでも、気持ちがポジティブになることがあります。

病院探しや改善法

先生

病院探しをする時には、医師との相性をチェックする為にカウンセリングを受けてから決めるのがポイントです。また、セロトニンを増やす効果のあるサプリや薬には頼り過ぎないようにするのも改善のポイントです。

効果的な治療方法

栄養補助食品

心の病気を治療する方法として、磁気治療があります。サプリよりもセロトニンの分泌促進効果が高く、脳機能の正常化をはかることができます。正しい治療をする為にも、正しい検査で病気を診断することが大切です。