心の病気に大きく関わるセロトニン~メンタルヘルスサプリ~

医師と看護師

効果的な治療方法

栄養補助食品

サプリよりも磁気治療が効果的

現在では、病院の磁気治療がかなり注目されており、脳の神経伝達物質であるセロトニン分泌を促進させる働きがあると言われています。うつ病の場合、セロトニン分泌が大きく関わっており、分泌量が少ないことによってこうした病気を発症させてしまいます。元々セロトニンは遺伝によって分泌量が変わってくるとも言われており、生まれた時から分泌量が少ない人もいます。元々セロトニン量が少ない人は、周囲環境によっては精神病にかかる可能性も高くなるのでできるだけ普段から分泌量を高めるように意識しておく必要があるでしょう。セロトニンの分泌促進サプリや運動を利用することによって改善していくことはできますが、直接的に脳に働きかけることができる磁気治療の方が効果は高いと言えます。磁気治療をすることによって、脳が刺激されてセロトニンの分泌量が増えていきます。セロトニンの分泌量だけでなく、心の病気は脳の血流や代謝が低下しているので磁気の刺激で眠っている脳機能を起こす必要があるのです。脳機能が活発に働くことによって、血流がよくなり、結果的に脳が正常に機能するようになります。病院によってサプリや薬治療など治療方法が違い、磁気治療をしている所とそうでない所もあるので注意が必要です。

検査も必要

心の病気は、正しい診断を受けることによってサプリを利用した正しい対策や磁気を利用した治療をすることができます。その為、病院の検査からしっかり行なっておく必要があるのです。例えば、うつ病でも新型うつ病と呼ばれるものもあり、逃避型や未熟型、現代型など様々なタイプがあります。特に現代に多いうつ病が現代型で仕事に集中できない、社員との仲間意識が乏しいなどの症状があります。この場合、自分自身ではうつ病ということに気づいていないケースが多くあります。自分自身がまずうつ病なのかどうかということを知る為の検査に光トポグラフィー検査と呼ばれるものがあります。この検査は脳に装置を付け質問をし、脳の動き方によって判断します。脳の神経の動き方によってうつ病かそうでないか判断することができるのです。