心の病気に大きく関わるセロトニン~メンタルヘルスサプリ~

医師と看護師

病院探しや改善法

先生

カウンセリングをチェックする

脳を正常に保つ働きがあるセロトニンの分泌をアップさせる為に、多くの人はサプリや薬を用いて改善していこうとします。しかし、自分でサプリや薬を選んでしまうとセロトニンを増やすどころか副作用を引き起こしてしまうことがあるので注意が必要です。情緒不安定や不安感といった心に異常がある場合はできるだけ早めに病院で診察を受けることが大切なのです。精神科や心療内科といった病院も今では数多く存在しているので、上手く探せばすぐに見つけることができるでしょう。良い精神科や心療内科の見つけ方としては、まずは医師と相性が良いどうかが重要なポイントです。医師との相性は、実際に病院へ足を運んでカウンセリングを受けてから判断するのが良いでしょう。カウンセリングを受けることによって話しやすい医師かどうか判断することができます。心の病気と呼ばれるうつ病などの病気は、カウンセリングで悩みや思いを打ち明けることによって症状が緩和されることが多くあります。その為、多くの精神科や心療内科ではこうしたカウンセリングを重点的に行なっているケースも多いのです。カウンセリングをした時に、親身になって話を聞いてくれる医師であれば信頼できると言えるでしょう。話を聞いた上でアドバイスや病気との向き合い方について指導してくれるとスムーズに病気も改善していくことができます。病院によって病気へのアプローチ方法は違い、サプリや薬を主に用いる病院もあれば、磁気治療などの機械治療を中心に行なう病院もあります。自分にはどの治療方法が合っているかどうか、医師としっかり話し合いながら決めていくのが良いでしょう。

薬や治療に頼り過ぎない

精神病にかかってしまうと、ほとんどの場合病院治療で改善していきます。しかし、その時に医師や薬、サプリなどに頼りっきりにならないようにすることも大切です。脳機能を正常にするセロトニンを増やすのに薬やサプリは効果が高いですが、頼りっきりになると常に持ち歩いていないと不安になってしまいます。ある程度症状が良くなってきたのであれば、医師と相談しながらセロトニンを増やす薬やサプリの量を減らしていくのが良いでしょう。自分で勝手に薬の服用量を増やし、他のサプリと服用して飲むような行為は避けることが肝心です。自分自身の病気としっかり向き合って、病気を改善していくというポジティブな気持ちで治していくのが良いでしょう。病気を改善していく為に、最も大切なのは、本人が病気を治していこうという強い意思を持つことです。薬やサプリ、医師は本人のサポートをする役割なのでまずは自分が病気であることを受け入れ、改善していくという強い気持ちを持って治療に励むのが良いでしょう。強い気持ちを持つことによって、病気も順調に改善していくことができるのです。