心の病気に大きく関わるセロトニン~メンタルヘルスサプリ~

医師と看護師

有効的な成分

サプリ

依存症や衝動行動の抑制効果がある

精神病などに効果的な成分の1つにセロトニンがあります。セロトニンには、突発的に発生する気分の浮き沈みや、ストレスによって発生する不安状態や興奮状態を抑制する効果があります。特に精神の病が原因で、急に興奮状態を引き起こしてしまう人の場合、ノルアドレナリンと呼ばれる成分が多く分泌されると言われています。セロトニンの分泌量が減ることによってノルアドレナリンの働きがかなり強くなり、常にキレやすいといった症状がでてしまうのです。セロトニンにはこうしたキレる症状を抑える効果が高いので突発的に気分が浮き沈むという人はサプリなどを用いて積極的に摂取しておくのも1つの方法です。
セロトニンには、他にも過食症状を抑制する効果があります。精神病にかかってしまうと、過食や過食嘔吐といった摂食障害を引き起こす可能性があります。この症状を引き起こしているのがドーパミンと呼ばれる物質で、分泌が過度になると食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎといった症状を発生させます。セロトニンが分泌されることによってこうした衝動的な症状を抑制することができるのです。セロトニンが減ることによって、自分自身の欲求や衝動を抑えることがかなり難しくなるので過去にアルコール依存症やギャンブル依存症といった症状になったことがある人は特に摂取しておいた方が良いでしょう。他にも、セロトニンには不安感や焦燥感といった気分症状を抑える効果があります。

呼吸器への効果

セロトニンには、気分の諸症状に効果があるだけでなく、運動機能や呼吸器にも効果を発揮します。特に呼吸に対する効果は大きいと言えるでしょう。呼吸のリズムを整える働きを持つ気道の筋肉は、普段起きている間セロトニンの神経によってバランスを保っています。セロトニンが減ることによって呼吸困難や動悸といった症状に陥りやすいのです。また、睡眠中は特にセロトニンの働きが弱まるので気道閉塞などが発生するリスクが高くなります。それによって無呼吸症候群などの睡眠障害も発生させてしまうのです。セロトニンが不足することによって体にもあらゆる影響が出てしまうので、普段からセロトニンを増やす運動などをしておくのが良いでしょう。他にも、サプリなどで分泌量を増やす方法がありますが、この場合であればサプリだけに頼り過ぎないようにすることが大切です。

病院の治療方法

セロトニンは、脳の働きを正常にする作用があるので、欠乏することによって脳にまつわる様々な病気を発生させてしまいます。特にうつ病などの心の病気は、脳の機能が上手く働かなくなることによって発生すると言われているので、こうした精神病にはかなり効果が高いと言えるでしょう。最近では心療内科や精神科でも、心の病気に対して脳に磁気刺激を与えることで症状を改善する磁気治療が広く行なわれています。磁気で脳に刺激を与えることによって、感情をつかさどる部分である扁桃体の働きが活発になり、脳の機能が回復していくのです。治療の効果は人によってかなり違ってきますが、抗うつ剤よりも体の副作用が少ないので今ではかなり注目されています。脳の働きを活発にするセロトニンサポートサプリなどを活用することに加えて、脳の磁気治療などをしておくことで精神病の悪化を防ぐことができるでしょう。